検索
メール サイトマップ トップページへ
現在位置 トップ■■富士五湖広域行政事務組合■■広域行政とは?■■広域行政とは?
 
2017年7月11日 更新
印刷用ページを開く
広域行政とは?
富士五湖広域行政事務組合の広域行政について
 自分たちの身近にみられる行政サービスのうち、非常に多くのものが市町村によって総合的に行われています。
市町村はそれぞれ単独で、行政サービスの提供をすることが原則でありますが、複数の市町村が共同して仕事をした方が合理的で能率的な場合があります。たとえば、各々の市町村でごみ処理をする場合、市町村ごとにごみ処理施設を建設すると、多くの経費(税金)がかかります。このような場合は、いくつかの市町村が集まり共同で1つのごみ処理施設を建設した方が経費が少なくてすみます。
 合理的な仕事(事務)をするためには、考えが一致した市町村が手を組んで、1つの仕事だけ(この場合はごみ処理に限る。)する組合を作って運営をした方が効率的になります。
例えば、小学校や中学校を建設、学校教育、消防・救急業務、ごみの収集・処理、水道・下水道、道路や河川の管理、保育所、老人ホーム、公民館、体育館、病院やバス事業などの仕事もあります。他にもたくさんあります。
富士五湖広域行政事務組合では、主に消防業務・火葬業務といった仕事をしています。(組合概要参照)
このように、ある一部の仕事を共同で行うことを目的として作られた組合を「一部事務組合」といいます。

富士北麓広域市町村圏では、平成2年2月1日をもって、従来の富士北麓広域市町村圏協議会にかわる広域行政機構として富士五湖広域行政事務組合が設立されました。
本文終わり
ページのトップへ
〒403-8599  富士吉田市下吉田六丁目2番6号
Tel: 0555-23-5270
メール